ターゲットを絞って!企業ホームページの見せ方

ターゲットを絞り込み閲覧者を増やすホームページとは

ビジネスでホームページを作成する時には、ターゲットを明確にしておくことが重要になります。通常会社で物販を行う場合でもサービスを提供する場合でも共通するのは、お客さんのターゲットを絞り込むことにあるでしょう。ホームページを作る前に既に会社ができあがっており何年も営業していればある程度方向性ができあがっていますのでターゲットの絞り込みが容易になります。ですが、ホームページを作ると同時に新しく事業を立ち上げるとすれば、まだターゲットが明確になっていないこともあるでしょう。
この場合には、細かな設定は置いておきまずはターゲットを明確にし絞り込みを行うことが大事になります。絞り込みをする場合には、単に男性や女性といった性別だけでなく何歳でどこに住んでいてどのような家族構成かなども考え一人の人物像を浮かべることが大事です。

ターゲットをホームページに落とし込む

ターゲットの人物像が明確になれば、あとはその人物像にあったホームページを作成していくことが重要になります。例えば化粧品を販売する場合には、子供が二人いる女性という人物像が思い浮んだとすれば、年齢から考えると 30代にぴったりの化粧品をメーンに紹介する必要があります。子供がいてなかなか化粧に時間をとることができない可能性もありますので、簡単に利用できる化粧品を紹介することで注目を集めることができます。また小さな子供がいると考えるならば、申し込みをする時も面倒くさい手続きをしないようにシンプルなものにしておくべきです。もちろんそのページ自体も分かりやすくシンプルにしておけば、検索する時間を省略でき結果的に購入につながるでしょう。